メシヤ降誕本祝典記念大祭発表文

真症胃癌の浄化により更に本筋の御神業に近づく

 

                          鎌倉支部 T・Y

 

入信時の夢叶わず ⇒ 定年 ⇒ メシヤ教との出合い

 

私が入信した時は 私を始め家族中の者が 健康に優れなかったので 家の者皆が医者通いせず、元気に生活出来ればよい、盆 暮にはお医者さんに中元 歳暮の心配もいらないし、お守りを戴いて人をお救いするのだと思って入信・専従しました。にも関わらず 何時かは発展すると 思いながら出来ないままに 定年を迎えてしまいました。

    

定年後も信仰をしながらも 自分自身の健康に 感謝が持てず 日々の生活に 物足りなさを感じ、家族を始め 周りを見渡しても 本当にこれで良いのかなあ という 心の底から 湧き上がるものが 感じられない上に やり遂げたい ものが そのまま出来ずに 終るのかと思いました。

が、メシヤ教とご縁を頂き、 本来のメシヤ様の信仰を感じ この教団 が 本当のメシヤ様の信仰だと思い、浄霊力拝受をお願いし教団本部より浄霊力伝授が許され 御神体の御奉斎を お許し戴きました。

御奉斎後に 私に頂いた 大きな 大きな 信仰体験です。ご報告します。

 

真症胃癌の症状  その ① タール便と白色排尿

   

”メシヤ教は 昭和25年2月4日に 発会した 世界メシヤ教の復興を 推進する教団です。

これはメシヤ様という 御神格を認識し 直に太く繋がることにより恩恵を賜ります。を宣べ伝えることです。”

この気持ちがだんだん昂揚する事によって、自分の身辺に変化が起きて来ました。

事実がそうなんです 予期しなかった事が起こるのです、 といいますのも、外出先の作業中にトイレを催し、何と真っ黒いタール便が便器の中で蛇の親子がタムロしているごとくに見えたのです、 姿を見た時に 吃驚仰天 何と生まれて初めての事、思わず検便してもらおうと思いました。

 

帰宅して御教えのどこに、御垂示されているのだろうか、恐らく 明日の医術か 天国の福音か、支部のホームページの どこかにあるはずだと思い、ひと事ではなく自分の事なので この時ばかりは 真剣に探し求めました。

この機会が メシヤ様に 直に太く繋がる ことだとすぐに思いました。

他の事は思わせられなかったのです。

御教えの つまみ喰いと いいますか 部分的な 自分に理解出来る所だけ 都合のいい所だけ、勝手な拝読でした。

 

幼年期に 漢方薬で大きくなったもんですから 薬毒の固結ぐらいにしか 思っていなかったので今回の浄化は勝手に自分で 擬似胃癌と病名を付けていました。

ご浄霊は最初の頃は、痛みの軽減とか、タール便が早く納まるとか、とゆう体的面のお願いが主の様でした。

日が立つに従ってだんだん食欲も落ち 食べ物を見ただけで嘔吐し 全然受け付けなくなるし 体重は減るしタール便も1週間もつづき、少々 不安 不足の気持ちの方が優先する様になりました。

改めてまた、御教えを拝読し直すと ゆう具合で、浄霊に対する 体的な治療面ばかりに気を取られ、霊体の曇りを解消するという本筋の御神業とは

一体どうゆう事なのかを 気付かして頂く 学びになりました。

 

腎臓治療を主にしながら 腎臓の活力が旺盛になるべく 癌毒が排尿によって軽減する様にとの気持に改め 力の入らないで霊光放射が 患部を貫く、想念でとの思いで 自己浄霊をさせて頂きました。

暫くすると 症状が変化して来ました、先ず尿です 夏の清涼飲料に カルピスというのが有りますが、それと同じ様な白色で その上に泡粒の尿が当分出ました 最近は浄霊を取次いだ 後の排尿には 必ず尿道の痛みを感じます。

 

真症胃癌の症状  その ② ヌラの嘔吐

 

2番目にヌラの嘔吐です。透明なヌラです 洗面器半分ぐらいですね 御垂示によりますと『 この透明なヌラは癌から発生する毒液で胃中に充満し食欲を絶無ならしめる』とあります実に悲惨な症状でした。このまま衰弱して食欲不振となって 痛い痛いといいながら 息を引き取るんではないかと 思いました。

症状がだんだんと変化しますが 症状ばかりに気持ちがいくと 最初のタール便の時もそうでしたが、何ケ月も続くと気持ちが塞ぎ勝ちになります。

が 本筋の御神業 浄霊の救いは どうなのかと又振り返りながら 実は私 昭和20年8月6日 広島の原子爆弾ピカドンの時に 被爆した被爆者なんです。

恒例の 広島市主催の式典には 今は中断してますが 以前の救世教は 本部から出向されて広島県本部として参加したもんです。

その時に学んだ御教え『 浄霊は霊的原子爆弾 』を思いだしメシヤ様と霊線を太くしようと思い出しました。『病原は人間の霊の曇りです 。曇りというのは水素中にある、不純水素を火素の微粒子で焼くことである 』『 太陽の火力の霊がメシヤ様の所に つまり伝わると言いますか、その霊の火力が 患者の病気の所に放射すると治ってしまう。』という、浄霊に対する認識に変わらせて頂こうと自己浄霊の想念を、前回のタール便の時と同じ様に、本筋の御浄霊に真剣にならざるを得ませんでした。 

兎に角メシヤ様と、太い霊線で、繋がっていないと、何が起こるか、分らない命がけです。

不思議な事に、太い霊線を保とうと、思えば思う程、次の症状が3番目の症状が出て来ました。

 

真症胃癌の症状   その ③ 両手の甲・腕先に膿噴出 

 

3番目の症状は、両手の甲と腕先に、吹き出物が出て、あせもの様になりそれが化膿して、蛇の皮膚の様に成り皮の間から 膿がにじんで化膿した膿は腕を上下に振ると地面に飛び散る状態でした。本筋の御浄霊の御力は 高温で毒粒子を焼き尽くして下さり 毒粒子の焼けた後の灰が 排泄物として膿となって噴出したのです。             有難うございます。  

ここまで来るまで どう成るのだろうかと 塞いだ気持ちも有りましたが感謝に変わりました。  この様に救いの力浄霊とゆう お浄めは メシヤ様に繋がり太い霊線を保っていればそれに相応して浄化作用を通じて お陰を授けて下さるのですね。

 

今後の決意 今回の 大きな 大きな 浄化を通じて 此の世に生まれ 本来神様から与えられた果たすべき使命が この年になってはっきりと明確になってまいりました。

これも繰り返す様ですが メシヤ様と霊線を太くしていただいた故の事で 有ります。

 

 メシヤ講座の中で認知症を防ぐ最大の手法として頂きました。自分の歩んだ人生を振り返って、整理して、人に話すか、文章にまとめるかが大事ですと 教えて頂きました。

 

私の名前は 姓は ○○ 名は○○ と 言いまして 姓名両方に 言霊学上の ラリルレロ の 音があります。

両方にあるのは 非常に珍しいのではないかと 思います。その上 本籍地と云うか 最初のポチ 神の分霊を宿した誕生の地が ○○であり 転向生ですので メシヤ様のお守りを拝授された教会の所在地が、○○で ここで 入信しました。 その次に 本筋の御神業を担う為に 浄霊力を 伝授して いただいたのが 鎌倉で、 ○○、○○、鎌倉、いずれも ラリルレロ の 音が入っています。それに今回の真症胃癌のお浄めです。

別に好んで選んだ訳では ないのですが見えない 霊界の定めが 在るのですね。

最近耳が遠くなった せいか人からの 問いに対しては 返事はしませんが 自分からは要求します。

口数は少ない方ですが しゃべり出したら 周りを気にせずにしゃべります。1年の内に何回か 就寝時に手足をパタバタとして 呼吸困難となり起き上がって 水を飲むと 気が落ち着きます。

後頭部の頭痛と 不眠が続き 物が二重に見えて テレビのチャンネルが 合わない時に起きる現象の様で 視力が衰えます その時も水を飲むと落ち着きます。

怒りっぽい性質で 何でも人の所為にします 特に家内に 当たりますので よく注意されます。

美術品の 山水の掛け軸を見たり 自然や月雪花の風景を 見ると落ち付きます。

龍神の再生 なのか 龍神の憑依 なのか はっきり 解かりませんが 漸く此処まで辿り着きました。

組織の表現神でなく 主神様とメシヤ様に 直に繋がった 智慧と力なればこそです。

 

メシヤ様の御神業を 担いきろうという 魂が目覚めてまいりました。

ようやくスタートライン、緒についたところです。 今75才です 

男性の平均寿命が80才です 4年後には 昭和25年2月4日に世界メシヤ教が発会して70周年を迎えます、それに向かって本日のメシヤ降誕本祝典

より始動したいと思います。

命の限りメシヤ様に捧げていきたいです。

 

有難うございました。