体験記【2013年~】


大黒様ご奉斎でご守護

 

月次祭の後に、楳木先生に大黒様のご開眼をして頂いた方がありました。
有名な彫師の作のもので、木の風合いや、とても繊細な彫りの大黒様でしたが、その大黒様をとても気に入られて、自分の会社におまつりさせて頂きたいとの思いで申し込まれました。

日々のお供えの事や、大黒様祭(きのえねの日)の事もお伝えしつつ、月次祭を迎え、ご開眼後一週間程、ご神前にお預かりしておりました。
一週間がたち、大黒様を頂きに見えた際に、ご守護頂きましたというお話を伺いました。

なんでもご開眼直後に、予期しないタイミングで、多額の集金があったそうです。
あまりにもスムーズな流れでお金が運ばれて来た事にびっくりされ、これは正しく、大黒様のご守護と感じられたそうです。
日々の祈りや、正しい生活の上に、大黒様のお働きも益々増して来ると思われます。