体験記【2013年~】


娘の指のけが

 

7才になる娘が玄関ドアの内側に、薬指と小指を挟んでしまい、ケガをしました。

「痛っー。」という声をあげたので駆け寄ると、指の第一関節と、第二関節の間のところが、陥没して凹んでしまい、赤くなっていました。

すぐに、指の内側からご浄霊を取次ぎました。

しばらく取次いでいるうちに、凹みがだんだんとなくなってきて、それから今度は、薬指がだんだん腫れてきて、元の二倍くらいの大きさくらいになってしまいました。

その時は、骨にまで影響があるようにも見えましたが、指の内側、わきの下、それから、不注意からおきるケガであるため、頭にもご浄霊をしているうちに、なんとなく腫れも落ちついてきました。

その後、娘も、自己浄霊をその日と、翌日にかけてしっかりと取り組み、頭と、わきのした、指の内側と、学校の教室や、登下校の時にも、自分でやっていたそうで、

二日後の今日には、指が元通りの大きさに戻りました。

まだ痛みが残っているので、無理は出来ませんが、すごい回復力だと思います。

ケガをしてからすぐのご浄霊のお取次ぎと、娘の自己浄霊でご守護を頂きました。

ケガを通して、娘も、ご浄霊の有難さや、自然良能力の理解を深める、いい経験になったと思います。