体験記【2013年~】


腎臓萎縮をおこさない身体作りについて

 

先月のメシヤ講座勉強会で、教えて頂いた内容に、腎臓機能の重要性と、腎臓萎縮をおこさない身体作りについてのお話がありましたが、今年79歳になります、現在同居中の母の身体のご守護についてご報告させて頂きます。

三年程前から、一緒に暮らすことになり、それからの母の生活は、一変しました。日々、ご浄霊を頂き生活するうちに、過去30年間にわたり服用してきた高血圧の薬をのまなくても大丈夫な身体に変えて頂きました。最初のころは、季節の変わり目ごとに浄化もありましたが、現在では、医者に通う事もなく、薬を飲まない生活が送れる事で、日々活力が増してきている感じがします。最近では、散歩や、出かける時にも、なるべく歩く事を心がけていて、何万歩も歩いたりしています。

数年前までは、夜中の頻尿にも悩まされておりましたが、今では一度起きて行くか行かないかくらいの状態に自然と変わっていました。
血圧を下げる薬の作用には、腎臓にとっては、大変な負担がかかっていると勉強会で教えて頂きましたが、一度飲み始めると、やめることができないという話もよく聞くところです。

母の生活は、隠居生活ですが、毎月の月次祭では、来られる方々を迎える準備や、あれこれと足りないものなど、気がついては用意をしたり、支える側として働いてくれ、そういった毎月のご奉仕からもたくさんの神光を頂いているのだと思います。
日々、私たちの取り組みはとても小さいものですが、メシヤ様から賜わるご守護の大きさは、本当に素晴らしく、ありがたいと思います。

1人でも多くメシヤ様とご縁が許されますことを願いつつ、地道に取り組ませて頂きます。