体験記【2010~2012年】


■魚の目のご守護

 

5月の半頃、友人からお子さんの足に出来ている魚の目のことで相談を受けました。

2月頃から、親指の裏側の付け根部分に魚の目が出来て、それがだんだん大きくなってしまったそうです。4月に入って皮膚科を受診したそうですが、一向に治らなかったそうです。

ご浄霊を初めてさせて頂くときに見ると魚の目の大きさは、1センチを超えるほど大きく膨らんでいました。

その後、週に1度くらいのペースで、患部と鼠径部を交互に、腎臓、臀部を急所としてさせて頂きました。2度目、3度目とさせて頂くうちに、だんだんと患部の状態が変化していくのがわかりました。

4度目のお取次ぎの時には、患部がぎゅっと縮まって、色も茶色っぽく変わっていました。そして、その後、友人から報告があり、なんとすっかりと治ってしまったとのこと

でした。わずか、一月半の間に、4回ほどのご浄霊のお取次ぎで治ってしまい、すごい顕著なご守護を頂かれました。