ご本部大黒様


この大黒様には数々の神秘があります。

 

この大黒様はある業者のラインから手に入ったのですが、その時の総額が18662・・・・(岩室に)という数字だったのです。これは何かと言いますとメシヤ教のご本部の住所、大分県玖珠郡玖珠町岩室なのです。

 

あまりの驚きに声が出ませんでした。 

 

9月に座談会に投稿させていただいた内容を添付します。

 

 今回ご本部の大黒様のひびの補修に行かせていただいた際に不思議な事がありましたので報告させていただきます。数ヶ月前から大黒様に呼ばれているような気がしておりましたが、ある日、部屋に立ててある大黒様のお写真が2度も倒れましたのでやはり行かせていただこうと決心いたしました。

 

 気持ちが固まりながらも仕事で日程がはっきり決まらずにいました。

 

8月末に車の修理の際に車検証を開くとそこに1866と言う数字が目に飛び込んで参りました。

あっと思いました。1866(岩室、ご本部)だと。

 

 直ぐに航空便の手配をいたしました。仕事の方もうまく予定が空きました。

 

そして準備万端で9月の2日から3日にかけてご本部へ許される喜びを胸に出発させていただきました。

 

 補修も思ったよりも順調に終える事が出来ました。大黒様もより輝きを増しているように見えました。

 

ご本部で楳木先生には大変お心遣いいただきました。お忙しい中、伐株山へも御案内していただき美しい景色を前に何とも言えない気持ちと何故か懐かしさで一杯になりました。

そして心新たに再出発を決心させていただきました。

 

 帰りは福岡空港最終便出発30分前に手続きさせていただきましたが荷物チェックで止められ、大黒様の補修で使った道具を没収されてしまいました。

 

 刃物や先の尖ったものは飛行機には持ち込めませんとの事でした。

 

 時間にゆとりがあれば手続きをして預ける事も出来るようですが出発寸前でしたので没収となりました。

はっと思いました。

 

しかし不思議な事に行きの羽田空港のチェックの際にはX線に全く反応しなかったのです。

 

 始発で更にぎりぎりの時間であったのでもし止められていたら大変なことになっていました。 補修もままならない状態であったと思われます。

 

 本当に神業以外なにものでもないと思わせていただきました。

 今回の事を通して全てが御守護の中での2日間であった事がはっきりとわからせていただきました。

 

 他にもたくさんあると思いますのでこれからその都度書き込みしていきたいと思います。